fc2ブログ
2013. 12. 07  
珈琲豆も農産物で有名どころは価格の高いものがあります

当然、それなりの味、努力の歴史があってのことと思います

誰もが知るブルーマウンテンはジャマイカの限られた地区に許される名前です

ブルマンだけは、何故か木の樽で出荷されます

5倍程度からそれ以上の価格になります

なので、そうそうは買えませんが

他との比較で、たまに少量買います

本日そのうちの200gを焙煎して飲みました

浅いのが良いということなので、1ハゼすぐで炒り止めにしました

飲みやすくおいしいのですが、この価格差ほどの価値が果たしてあるのか疑問ですね

その上にも知らないだけで品評会で賞を取ったものなどもっと高いものが多くあります

炒りたて 挽きたて 淹れたて ならなんでも美味しいんじゃないかな と思っちゃいます


最近、コンビニ珈琲が話題になります

缶コーヒーは、私的にはブラックは飲めません

どうしてもという時は、微糖でごまかします

コンビニ珈琲はブラックでいけます

喫茶店にとっては大敵なようです







スポンサーサイト



NEXT Entry
久しぶりの雨のような気がします
NEW Topics
飯野見てこマルシェ 2月開催案内!
年末年始の営業案内
飯野見てこマルシェ 12月開催案内!
飯野見てこマルシェ 開催案内11月
飯野見てこマルシェ 10月開催案内
Comment
ブルマンという響きは昭和生まれの珈琲好きにとって憧れですね。
そう言えば、未だにブルーマウンテンの生豆購入したことがありませんでした!パナマのエスメラルダは買ったくせに(笑)
fujinoriさんと同じ考えで、これだけいろんな個性がある珈琲に出会ってしまうと、ブルマン特有の香味が物足りなく感じてしまいます。
これって成長したことになるんですかね(笑)
間違いなく成長した証しだと思います。でもあくまでも長~い道のりのほんの少しかな。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご意見・感想待ってます。
何でもどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR