FC2ブログ
2017. 04. 01  
珈琲の味に影響を与えることをつらつら考えていきます

その1回

まず微粉

これはなにかと言いますと

焙煎豆を挽いた時にでる細かくなりすぎたものです

一般的なペパードリップ時は

焙煎豆を適度に破砕し

お湯が細胞内に入りやすくし

エキスの抽出をします

その時にどうしてもミルの種類にもより微粉がでます

これが微妙に味に影響します

ただそれに問題があるかというと

問題ではありません

ひとつの個性ともいえると私は思います

うちでは、粗目に挽き

茶こしで受け

少し微粉を落とします

それでどうなるかまでつきつめていませんが

サッパリになるんじゃないかと推測します

微粉を多くすれば苦味、コクが強くなる気もします

まずは、お試しを


この話題の基本は

味に影響を与えるが決して悪いものではないことを前提にします
スポンサーサイト



NEXT Entry
始動
NEW Topics
非接触式体温計
イベント 開催案内!
早!
温故知新・・・
試飲会報告!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご意見・感想待ってます。
何でもどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR