fc2ブログ
2017. 02. 09  
珈琲は生鮮食品に相当します

極論すれば刺身です

その意味でも

  といってもわからないかもしれませんんが

トップノートは珈琲の神髄といってもいいと思っています

体験は簡単です

焙煎したての珈琲豆を手にすれば味わうことが出来ます

ちょっとした問題は

一般的な販売店では、焙煎日時が表示してないことです

でも、うちなら必ず味わえます(笑) 宣伝です

確認方法は、お湯を刺したときに粉が膨れてくることです

変化しないのは、賞味期限切れです
スポンサーサイト



NEXT Entry
サードウェーブ
NEW Topics
飯野見てこマルシェ 2月開催案内!
年末年始の営業案内
飯野見てこマルシェ 12月開催案内!
飯野見てこマルシェ 開催案内11月
飯野見てこマルシェ 10月開催案内
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご意見・感想待ってます。
何でもどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR